依頼から工事までの流れ

塗装

外壁塗料はいくらで依頼できるのか?

外壁塗装にはおおまかに3つの費用が必要です。塗料、工事、足場設置代です。これらの費用は各業者によって金額は異なります。各費用のおおよその金額は、塗料は種類によって様々ですが下は約15万円からで上は約75万円もあります。次に工事費用ですが、作業方法や家の高さ、塗装する範囲によっても変わっていきます。下は約3万円からで上は100万円を超えます。最後に足場設置です。業者によっては足場代も工事費込みになっているところもあるので一概にこの金額とは言えませんが、下は約11万、上は約200万円以上にもなることがあります。

依頼~着工の流れ

依頼から着工まではしっかりとした流れを踏んで行わないと、近隣住民に迷惑になるほか、作業効率も良くなりません。そのため大まかな4つの流れがあります。1つ目は外壁診断士による診断とチェック。外壁の状態や壁材、外壁の表面温度なども調べて作業の流れを組み立てていきます。次に診断結果の報告と見積りです。診断結果によって工事内容や材料も代わるため、適正な価格で見積りしてくれます。また外壁塗装後のイメージ画像を見せてくれる業者もあります。そして、契約と打ち合わせ。実際の見積り金額でOKなら契約者にサインして、工事日時や作業内容について打合せをしてくれます。最後は着工前の近隣挨拶です。挨拶するしないでは大きな違いがあります。塗料の飛び散り防止の内容と塗料のニオイについて、しっかり担当者が説明してくれます。以上が大まかな流れになります。

外装塗料の作業方法

工事を10日間で行なうことを目安に説明します。1日目は工事するために大事な足場作りです。これを急いでしてくれと急かすことは止めてください。足場崩れで大事故が起きないように丸一日かけて足場を組んでいきます。2日目は外壁や屋根の洗浄作業です。表面のゴミや汚れを落とすことで塗料をしっかり塗ることができます。3日目は塗料が飛び散らないように養生シートを貼ります。そして、いよいよ塗装開始です。4日目~6日目までは外壁、7日目~9日目は屋根 10日目は部分塗料です。これは、あくまでもスムーズに流れた場合です。外での作業になるため、天候に左右されることは覚悟しておきましょう。

広告募集中